札幌で家事事件(離婚・相続)、企業法務のご相談は
札幌弁護士会所属
西川・太田法律事務所札幌市中央区大通西14丁目1 北日本南大通ビル7階

011-271-4421営業時間:9:00~17:30

メールでのお問い合わせは24時間受付メールでのお問い合わせ

弁護士紹介

弁護士 西川 哲也 -札幌弁護士会所属-

経歴

1947年 北海道中川郡幕別町生まれ
1965年 北海道帯広柏葉高等学校卒業
1971年 北海道大学法学部卒業
1973年 弁護士登録(第25期)、岸田昌洋法律事務所入所
1977年 西川哲也法律事務所開設
2021年 事務所名を西川・太田法律事務所に改称

弁護士 太田 貴久 -札幌弁護士会所属-

弁護士 太田貴久
弁護士 太田貴久

北海道の皆様のかかりつけ弁護士になりたい

私は、10年間弁護士を続けてきて、「もっと早く相談に来てくれていれば・・・」と感じることが数多くあります。法的なトラブルは、病気と一緒で、早期にご相談いただければ複数の解決案をお示しすることができることがありますが、しばらくご本人が対応してトラブルをこじらせてしまった後ではお示しすることができる解決案が限られてしまうことがあります。最悪の場合、解決することができないという手遅れの状態になってしまっていることもあり得ます。手遅れの事案が生じないようにするため、私は、風邪症状がでたときにとりあえずお医者さんに診てもらおうと思うのと同じような感覚で、ちょっと困ったことがあるので弁護士に相談してみようと思っていただけるような弁護士になりたいと常々考えています。

また、法的トラブルは、一般市民の皆様のみならず、事業者の皆様にも無縁ではありません。私は、大学を卒業してから約7年間会社員をしていましたが、この会社員時代の経験や弁護士になってからの経験を踏まえると、事業者の皆様の方が一般市民の方よりも法的トラブルに巻き込まれる可能性は高いと感じます。また、事業者の皆様の方が日常的に高額の取引をする機会が多いため、法的トラブルに巻き込まれたときには、その紛争の規模も大きくなる可能性があります。私は、会社員時代の経験も生かし、経営者の皆様と同じ目線に立って一緒にトラブルの解決を図りたいと考えています。

私は、弁護士になってから、札幌市を中心とする石狩管内の市民や事業者の皆様からのご依頼はもちろん、周辺の後志管内、空知管内、胆振管内等の市民や事業者の皆様からのご依頼にも多数対応してきております。私の妻子が北海道出身ということもあり、北海道は私にとって第2の故郷ですので、私は、北海道の皆様のかかりつけ弁護士となるべくこれからも研鑽を重ねて参ります。お困りの際にはどうぞお早めにご相談ください。

経歴

1977年 長野県松本市生まれ
1995年 長野県長野高等学校卒業
1999年 上智大学法学部法律学科卒業
1999年〜2006年 民間会社(出版社、IT関連会社等)で勤務
2009年 北海道大学法科大学院卒業
2011年 弁護士登録(新第64期)、米屋・林法律事務所入所
2018年 西川哲也法律事務所入所
2021年 事務所名を西川・太田法律事務所に改称

弁護士会関係

2017年4月〜2022年3月 札幌弁護士会法曹倫理委員会副委員長
2020年6月〜2022年6月 日本弁護士連合会弁護士倫理委員会委員
2022年4月〜 札幌弁護士会貧困問題対策委員会副委員長
2022年4月〜 札幌弁護士会倒産法委員会委員、法曹倫理委員会委員

所属団体、公職等

2017年〜 札幌東ライオンズクラブ
2018年〜2019年 札幌市・包括外部監査人補助者
2019年 NHK北海道・ひるまえナマら!北海道出演(テーマ:相続法改正)

page top